外部講師講座 「世界に通用するテーブルマナーレッスン」

応援大学では、各分野でプロフェッショナルな先生をお招きし、
起業家として必要な学びを取り入れています。

今回は
グローバルで通用するマナーとマインド、
テーブルコーディネートが学べるサロン
『MIKA DECO Paris 』を主宰されている
石原実花さんをお招きし、
「世界に通用するテーブルマナーレッスン」
を開催致しました。

実花さんをHPはこちら
▼▼
http://tabledefrance.org

テーブルマナーときくと、
・フォーク、スプーンの使い方
・食べる順番
・失礼のないマナー
ということを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

もちろん、フォーク、スプーンの持ち方、
食事の場で、していけないこと
など、最低限のルールは教えてくださいました。
※ここでもスゴイ!と思ったのは、
イギリスではこう、フランスではこう、欧米ではこう。
という風に土地によっても使い分けをご指導いただいたことです。

でも何より素晴らしかったのは、
食べ方ではなく、
食事の場での
在り方
についてたくさんの学ばせていただいたことです。

一番、心に残ったのは
レストラン、ホームパーティは
食べることが目的ではないということ。
一番の目的は
 会話を楽しむということ。

そのために
自分がどう在る必要があるのか。

これって、生き方そのものを大切にするということに繋がります。

会話を楽しむために、
ワインの話や
芸術の話をするそうです。

そこに個性が現れるんですね。

それって本当に素敵!

日本の文化とは正反対のマナーもたくさんありましたが、
どちらに必ず合わさないといけない!
とかではなく、

TPOに対応できることがとても大切であることを知れたのと、
日本の文化の素晴らしいところも
取り入れながら、対応できる女性でいたいと思いました。

この在り方という考え方は
日頃から取り入れられるものなので
大切にしていきたいと思います。

【受講生の声】

*バイリンガルフラワーデザイナー*
『自分がその場の中で美しくあるか?』
『周りの方々へ不快な気持ちを与えないか?』

どんな国のどんなレストラン、ホテルに行ったとしても、
どんな人と出会ったとしても
一番大切なことだと思う。
そしてそれがエレガンス、気品。

なんか、ツンと澄ましてることが
エレガントとかでなくて
偽りなく、自然に、
自分も心地よく、美しくあれば
与えたことはそのまま自分にかえってくる。
むちゃくちゃ大切なことを
教えて頂きました。

*ファイナンシャルプランナー*
ありきたりのマナーレッスンとは大違い!!

お食事のいただき方はもちろんでしたが、
もっと【あり方】を意識した内容でした。

日本には日本独特の
いい習慣や考えがありますが、
世界を視野に入れた時には
”ん?”と周りに思わせることもあるとか・・・。

ビジネスの場合は?
プライベートの場合は?

何より一番重要なのは、
エレガント&チャーミングであること♡

マナーが何故必要なのか?
という本質を考えると、
おのずと見えてくることがあります。

*心理カウンセラー 勇気づけトレーナー*
マナーといっても堅苦しくなくて
こうしなければならない、
こうしてはダメ、というものではないんです。

人と会って会話するために食事をすること、
その場の雰囲気を楽しいものにするための
お心遣いが大切なんだとお伝えいただきました。

それには
☆自分を知り、
自分らしさを大事にすること。
その上で
☆人とのコミュニケーションを楽しめること。
☆そのための教養を身につけること。
( ワイン・アート他、世界を知る )

グローバルな生き方を目指すためには
これらが不可欠!
今いる地域、国にこだわらない生き方を
我が子にも視野に入れてもらうには

まずは母である私が、
本物に触れ実践することだと実感してます。

 

今回お招きした『MIKA DECO Paris 』を主宰されている

石原実花さんは
2019年1月で応援大学の全行程を修了されています。

修了生で、外部講師としてお招きしたのはお二人目!
こんな風に、以前よりご活躍をされている方や今のプログラムにない
スキルや、違う視点からのアプローチで学びを深めることができる方々には、ビジネスパートナーとして外部講師や企業研修でレッスンや学びの場をご用意させていただいてる方もいます。