エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

雇用形態に合わせた給与計算が可能

会計業務は、他の業務と同じく膨大な作業量を毎日こなします。しかし、特に会社のお金、従業員の給与に関係してくるため、量のほかにも正確さを求められます。また、その給与は会社によっても異なるため、その会社の雇用形態に合わせた給与計算が必要になります。

 

 そのような質と量の問題、会社や部によってことなる雇用形態の問題を解決してくれるのが「会計ソフト応援R4シリーズ」です。具体的にその特徴を説明していきましょう。特に大きな特徴としては、きめ細かな設定です。細かな設定があることで、設定後は入力するだけで簡単に自動計算が可能となっています。また、締め日の複数設定もできるので、従業員によって違う給与のパターンに対応できます。社内でも異なる給与体制に対応し、複雑な形態もこのソフト一本で簡単に計算が可能となっています。特に複雑になる賞与などは、通常給与の基本モードと賞与の拡張モードがあるので、混乱することなくモードを変換するだけで計算が可能となっています。

 

また、複雑な給与体制とともに、支給明細書などもより複雑になってきます。この問題も明細書が複数のパターンが用意され、給与形態に合わせて複数設定も可能なので、給与計算と同じく簡単に作業ができるようになっています。このように「会計ソフト応援R4シリーズ」は、細かな設定が可能なので、複雑な雇用形態に対応することができます。

 

また、その他の機能としては、マイナンバー対応によるセキュリティ、年末調整に必要な帳票の完備、法定調書の作成効率化、社会保険料率の改定時の自動設定変更など、さまざまな機能が搭載されていて、このソフト一本で給与計算に必要な全てが揃っています。

 

 このように「会計ソフト応援R4シリーズ」には、特に細かな設定が特徴となっています。設定が細かいことにより社内や部によってことなる複雑な雇用形態の給与計算や支給明細書作成作業をよりシンプルにスピーディーに正確に行うことができます。