エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

導入方法について

会計ソフト応援R4シリーズは、その導入が非常に容易な事でも企業に対する負担が少ないという面で非常に有利なものです。その理由はシステム的な要因だけでなく、現状の業務に対する適合性が高いことに理由があります。

 

多くの会計システムはその導入方法が非常に煩雑で、導入に当たっては従業員に使用方法の教育や現状システムからの移行を強いるものが殆どでした。その為導入に当たっては一時的に業務を停止したり、データの移行を行うための期間を取る必要があり、企業全体に於いては会計業務が停滞する負荷をもたらし、且つ従業員に当たっては精算業務などの停滞などをもたらすことが多かったものです。また、データ移行に関しては単純に機械的な移行のみでなく、移行された後のデータの確認などの業務が発生することも多いため、作業の際には二重の負荷を強いるという点も大きな問題でした。

 

会計ソフト応援R4シリーズは、基本的な操作方法は従来システムと変わらない上に、データ移行もCSV形式で移行できる物が多い為その導入に当たっては既存システムで培った従業員のスキルを無駄にすることなく導入できる点で大きなメリットがあります。

 

さらに、会計ソフト応援R4シリーズの特長である会計システム全般のサポート力は既存システムでは個別に行っている入出金管理や財務管理などを一つのシステムに集約できる上、従来のシステムとの連携も可能であるため、会計システム自体を停止させることのない導入が可能になります。その為、会計システムを操作する従業員の負荷を増大させることなく、且つ現状の業務の停止を必要最小限に抑えて効率的な導入ができます。

 

現代の企業に於いては会計システムは企業の財務管理を司る重要なシステムとなっています。その為導入に当たってはその期間や導入方法による負荷を鑑みた場合、必ずしも最適なシステムの導入を行うことが最適な解決方法とはならないのが一般的です。しかし、会計ソフト応援R4シリーズでは高いシステム互換性と操作性により、最高の性能のシステムを短期間で導入できるというメリットがあります。