エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

会計ソフト応援R4シリーズは個人事業主にもオススメの財務会計ソフト

事業の運営において、財務会計の管理は重要な業務ですがExcelなどの帳票ソフトの応用では限界があります。セイコーエプソンが30年間培ってきた信頼とノウハウで開発・販売している「会計ソフト応援R4シリーズ」は個人事業主から大手企業まで様々なニーズに対応出来るものです。

 

継承と進化をコンセプトにした同シリーズは第4世代となっており、各種納税制度にも対応しており約70種の国税の帳票を網羅し、全て電子申請が可能です。また、システム間のデータ連携を強化したことで入力の手間を削減し、入力ミスを防止率が向上しました。申請・届出書と電子申告との連動はデータ連携後の再確認を必要としない為、作業効率の軽減が期待出来ます。

 

会計ソフト応援R4シリーズの操作画面では操作性を統一するとともに入力手順や計算方法を細かく丁寧に表示しており、パソコンでの入力作業に不慣れな方でも利用出来るよう設計されています。画面に表示されることでマニュアルを準備する必要もなく、事務所内のスペースを確保することが出来ることでしょう。

 

なお、財務会計は単にこれまでの記録をしていけばよいという訳ではありません。これまでの実績を見直し、問題点を見つけ改善することで事業も成長するというものです。会計ソフト応援R4シリーズでは前期や予算の比較表示、検索条件保存等のチェック作業を効率化を図りました。従来の検索項目をはじめ、入力日の詳細検索や検索条件の保存などの機能を実装することにより検索機能を向上しています。

 

更に、インターネットを活用した機能も充実しました。大きな魅力は税制改正の対応です。定期的にに行われる税制改正は個人事業主も対象であり、財務会計でも必要になります。一般的な対応作業は改正対応CDを使った更新ですが、インターネットでの自動ダウンロードを活用することにより1週間以上の短縮が期待出来ると共に辞書マスタ、市町村マスタ、税務署マスタ、郵便番号マスタも適宜更新することが出来ます。