エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

データ連動出来るソフトについて

企業にとって会計システムは非常に重要です。企業の多くは投資家に投資してもらった資金を有効に利用し、その利益を社会貢献に利用するばかりでなく、投資家に配当を行うことでより多くの投資を引き出し、これにより企業活動を存続させるとともに拡大させるという目的を持っています。その為、会計システムはその全てを管理する重要なシステムです。

 

会計ソフト応援R4シリーズは企業の会計業務全般の業務を支えるシステムウェアで、さまざまな財務関連の業務をサポートするシステムとして非常に有効なものです。その機能は単なる会計ソフトや会計システムの範疇を超え、企業の経営全般をサポートするシステムとなりつつあると言っても過言ではありません。

 

会計システムの重要性はその正確性にあります。正確性と言っても単純に計算結果や入力ミスといった単純なものではなく、さまざまな条件下にあっても数値に誤りを無くし、その財務状況を正確に把握することができるものです。
そのポイントは、データ連動性の高さにあります。会計ソフト応援R4シリーズは、既存の多方面の会計ソフトの出力結果をデータ連動できる機能を備えています。その為、企業で実際に現状使用されている様々な会計ソフトの計算結果を取り込むことができ、データを連動することで正確な財務データを出力することができます。

 

更に、電子申告を行う場合には、会計ソフト応援R4シリーズはよりその効果を発揮してくれます。一般的には会計システムのメーカーが電子申告を行うソフトのメーカーと異なっていた場合データの引継ぎが非常に難しく、電子申請を行う際にはそのデータを正確に移行し電子申請の特典分を増減して申請する必要がありました。しかし会計ソフト応援R4シリーズではデータ形式が指定されたフォーマットであればデータの引継ぎを行うことができます。その為、手作業で行うよりも正確性と迅速性が増すことになります。
会計ソフト応援R4シリーズは大抵の会計ソフトがその出力形式を備えるCSV形式でデータ連動が可能なため、さまざまな会計システムとデータ連動を行うことができます。