エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

インターネットの活用・連携について

会計ソフト応援R4シリーズはインターネットに接続できます。事務所内にサーバを設置し、そこに通信回線をつないでおけば、外部からもアクセスが可能です。事務所内ですべての処理を行うことができる場合もありますが、そうではないことも多くあるでしょう。例えば、お客さんのところに出向いて処理ができれば非常に便利です。

 

細かいことをその場で処理して、すぐに情報を提供できると便利です。インターネットに連携していることによって、事務所という物理的な場所にとらわれることなく仕事ができます。もちろんですが、セキュリティも万全で、仮想プライベートネットワークを利用すればセキュアな環境で会計ソフト応援R4シリーズを使うことができます。お客さんの端末と接続をすることも可能です。お客さんの会社に設置されたパソコンに会計ソフト応援R4シリーズのクライアントを導入しておけば、リアルタイムに更新が可能ですし、同時に作業をすることも可能です。会計事務所ですべての仕訳を行うことができれば良いのですが、仕訳入力数が多い場合や、細かい仕分けを行わなければならない場合などには、お客さんの会社にあるパソコンで入力してもらうと効率的です。

 

同時に入力することによって効率的に業務を行うことができますから、この点は非常に魅力的なことだと言えるでしょう。また、クラウドにバックアップするサービスもあります。大事なデータが万が一消失してしまうと業務を遂行できなくなってしまいますし、お客さんにも多大な迷惑をかけてしまいます。このようなことがないようにするためにはバックアップを作成しておくことは必須ですが、そのためのものとしてクラウドのサービスも提供されています。自社でバックアップの仕組みを作るよりも遙かに低コストでデータをほぼすることができます。安全性で言えばVPNを利用できるサービスもありますから、大切なデータを守るための仕組みはすべてそろっていると言えるでしょう。