エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

おすすめの動作環境について

会計ソフト応援R4シリーズを導入するためには、それを利用できる端末が必要となります。システムの動作環境は利用するソフトウェアによって異なります。大まかに言えば、会計事務所などに大規模に導入する場合にはサーバが必要となります。

 

会計ソフト応援R4シリーズは一般的な事務所で利用することを前提としているために、必要とするサーバはWindows Serverです。Windws Serverならすでに導入している事務所もあるでしょう。Windows Serverのバージョンは2008から2012です。そして、クライアントの端末としてはVindows Vista SP1以上となっています。これも一般的な事務所なら普通にパソコンとして導入しているでしょう。これに加えてインターネット環境が必要となります。

 

すでにサーバを導入しているのであれば、そのサーバに会計ソフト応援R4シリーズをインストールできる場合もありますが、そうではない場合にはハードウェアとセットになったものを購入するのも良い方法です。セットになっていれば最適な動作環境が用意されますから、コンピュータに詳しくない人や、あるいはIT担当者が以内会社の場合には、このようなサービスを利用するのは良い方法だと考えられます。例えば、総合型財務会計システムのInterKXなら、最先端のハードウェアとともに購入ができますから、快適な環境で動作させることができます。

 

サーバを購入した場合には、サーバに接続できる環境で作業することが必要となりますが、インターネットに接続されていれば外出先からでも操作ができます。例えば出先の事務所や自宅などからでもアクセスができるというメリットがあります。インターネットを介した場合にはセキュリティが問題となりますが、会計ソフト応援R4シリーズではVPNのサービスもありますから、これらを利用するとセキュアな環境で操作ができるでしょう。