エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

会計処理業務における操作性は?

会計ソフト応援R4シリーズは、主に法人の財務会計の管理に活躍してくれるパソコン用のソフトになります。企業の財務会計はとても複雑で、正確な記録が必要です。手書きで作成するのは困難を極めますが、簡単操作で会計処理ができる会計ソフト応援R4シリーズさえあれば、無駄な時間や費用をかけずに管理が容易になります。
会計ソフト応援R4シリーズの操作性ですが、高速かつ入力画面を色々と選択できる手段が整っており、快適に操作ができるように工夫されています。

 

入力をしたい月を選択する場合には、画面上部にあるタブを押すだけで、瞬時に希望する月を表示することができます。月ごとに分けられているため、日付を入力するだけで済み、作業の手数を減らせる魅力があります。
月ごとの入力だけでなく、1年分をまとめて入力するのに便利なモードも搭載されています。

 

入力画面については、振替伝票や入金伝票など、伝票ごとに入力できる方法から、現金出納帳、売掛帳といった具合に、帳簿ごとに入力する方法も用意されています。今までの経験からやりやすい手段を選んで入力できるため、ユーザーのレベルを限定するような決まりがなく、自由な操作性を実現しています。

 

スクロールする手間を不要にしてくれる、ファンクションキーが用意されています。瞬時に表示したい項目をボタン一つで選ぶことができます。このおかげでスピーディーな作業が実現可能です。付箋機能を用いれば、よく行う仕訳を翌月以降にコピーすることで、面倒な入力作業を省くことができます。

 

摘要入力は意外にも面倒な入力作業です。この摘要に関しても、会計ソフト応援R4シリーズであれば簡単に行えるようになります。よく利用する摘要を登録することで、すぐさま反映できる環境を構築できます。登録数が無制限というのも魅力です。連想摘要を使えば、勘定科目を参考に、ソフト側で自動的に関連性の高い摘要を表示してくれます。分類別に並べることも可能です。