エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

法定調書の作成も自動で

コンピューターが普及したことで、会社での経理や会計の処理業務が非常に円滑に進むようになりました。
会計ソフトを導入することで、会計に精通したエキスパートでなくても、迅速に処理ができるのが一番のメリットです。
何よりも、経理事務の合理化を図ることができました。 もし手作業で帳簿を作成していたならば、実に多大の時間と労力がかかってきます。それは、経理部門の人件費を拡大させることに直結してくるのです。会計ソフトを利用することで、画面から所定の項目に取引を入力するだけで、自動的に、試算表や補助的帳簿が作成されるのです。

 

間違いのない正確な資料を、時間をかけずに作ることができますし、その上、作業時間が大胆に短くなるのですから、プラスの影響が大変に大きいです。実際に、経理事務作業を短縮したことにより、人件費の低減や依頼している会計事務所の顧問料を下げた、という実績もあるほどです。さらに、会計ソフト導入のメリットは、データのアウトプットの迅速化ということがあります。会社の業績を、ほぼリアルタイムで把握することができるのです。

 

現代の経営では、環境の変化を察知して、即、対応していくことが求められています。従来のように、試算表を手作業で作っていたのでは、2か月ほど経ってからでないと、資料が完成しないことになります。これでは、激しい環境変化についていくことができません。会計ソフトと使えば、スピーディーに経営資料を手に入れることができます。

 

経営者にとっては、非常に重宝されることでしょう。
多くのソフトが世にはありますが、エプソンの会計ソフト応援R4シリーズは、多くのユーザーから高い評価を得ています。
会計ソフト応援R4シリーズは、使いやすさを徹底追求しているものです。システム間におけるデータ連係を思い切って拡大して、入力項目を少なくし、入力でのミスの防止を実現しています。また、申請書や届出書と電子申告などを連動されていますので、約70帳票の電子申請が可能となりました。さらに、システムごとの仕様の違いをなくし、データを連係させた後に再確認を行うという煩雑な作業を解消したのです。会計ソフト応援R4シリーズを利用すれば、法定調書も自動的に作成できます。