エプソンの法人向け財務会計ソフトの製品情報

法改正や社会保険料の改定もサポート

会計ソフトといえばさまざまなものがありますが、数字を打ち込んで計算したり、支払明細書やその他の書類作成だけでは機能としては全く足りません。特に給与の場合、社内で給与に変化があったり、法改正によって保険料改定も行われるため、常に世の中の動きに気を配ってなくてはなりません。改定前の保険料金で計算していた場合、ミスの修正により時間がかかってしまいます。

 

 そんなときに「会計ソフト応援R4シリーズ」が役に立ちます。具体的にその機能を説明していきましょう。この「会計ソフト応援R4シリーズ」の大きな利点としては、上記に示したように法改正による保険料改定をすぐに社内の給与に対応してくれるところです。念に数回改定される社会保険料率は、インターネットを経由することで自動的配信され、設定変更を行います。また、社内に合わせた社会保険料の設定変更を自動的にしてくれるので、法改正があるたびに自ら調べて設定を変更する手間やミスのリスクがなくなり、安心して給与計算ができます。

 

ミスや手間がなくなれば、より業務の効率化を図ることができます。また、具体的に配信される社会保険料は、健康保険をはじめ、介護保険や厚生年金、雇用保険など、さまざまな社会保険料に対応しています。豊富な種類から、保険料対応外ということはありません。加えて、この社会保険率自動配信、自動設定変更機能以外にも「会計ソフト応援R4シリーズ」には、マイナンバー対応によるセキュリティや、細かな設定によってさまざまな給与形態に対応していること、豊富な帳票、法定調書の作成効率化などがあります。

 

なお、法定調書の効率化は「給与応援R4Premium」のみで対応してます。
 このように「会計ソフト応援R4シリーズ」には、さまざまな機能が搭載されており、特に社会保険料改定の際、面倒な設定変更の手間が省けるということに大きな利点があります。このソフトを使うことにより、より正確で効率の良い業務が可能です。